健康保険関係全然わからない?

国民健康保険が負担するのは、医療費と言うだけではありませんよ。
国民健康保険の被保険者、あるいは、その被扶養者が出産した場合、一定の金額を負担してもらうことが出来ます。
それが「出産育児一時金」になります。
出産育児一時金をもらうには、子どもが生まれた時に手続きをしなければいけませんよ。
※出産育児一時金の支給額については、42万円になります。
しかし、在胎週数が22週未満の場合、産科の医療補助制度の加算対象になっていない出産の場合があります。
また被保険者本人として他の健康保険に1年以上入っていますよね。
それで、資格喪失してから半年以内の出産では、以前加入していた健康保険から出産一時金が支給されることになります。
その場合は、国民健康保険からの支給はないと言うことですね。
出産育児一時金には2つあります。
「直接支払制度」です。
「受取代理制度」です。
『直接支払制度』これは、妊婦に変わり医療機関が出産育児一時金の請求手続き受け取りをする制度になります。
医療機関に直接一時金が支給されますので、妊婦が病院を退院する時に出産費用を窓口で支払う必要がありませんよね。
『受取代理制度』妊婦が加入している健康保険組合に一時金の請求手続きをする時に、受け取りを医療機関に委任します。
そして医療機関へ直接一時金を支給してもらう制度と言うことになります。
「直接支払制度」や「受取代理制度」などを利用するのか!?直接健康保険組合へ請求して受給するか!?一昔前は、退院の時に妊婦が病院側に出産費用を支払います。
それで出産一時金を受給すると言う流れになります。
そんなことで出産の際には高額なお金を用意する必要があったと言います。
それで、妊婦の負担が軽減されることになりました。
保険入るなら貯金したほうがいい?自家保険!【生命保険必要ないの?】