看護師になったきっかけは?

私が看護師という職業に就きたいと、思うようになったきっかけは、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている人の助けになることに、仕事のやりがいを見出しているからです。
私もその昔入院中に、看護師さんのお世話になり、私も一人の看護師として、クランケの手助けをしていきたいと思っています。
看護専門学校へ3年間在学し、国家試験を受けるにあたって要する資格を得られます。
この道筋で免許取得を目指す人がとても多いでしょう。
今現在、病院で行う実習が他に比べ、多いということもあって、就職した後も意外と簡単に仕事が行えるでしょう。
いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは大事な職務です。
一年中、毎日、厳しい現場で働いていると、様々な精神的な負担に陥るときもあります。
看護師はいつでも命を左右する業務に従事しているため、非常に強い緊張感にかられることも多く、ストレスを上手に解消する工夫をすることも大切だといえるのです。
いままでは男性が看護師をしている場合に限って、士という文字を使用していました。
ですが、現在は男でも女でも、看護師という職業に従事しているならば、師という漢字を使用するようになっています。
看護師、看護士を同時に使用していると、あやふやで分かりにくくなるので、一つに変更されたのだと思います。
看護士になりたい理由は本当に何をきっかけにして看護師を目指すようになったのかを交えれば良い印象になります。
転職の場合、その理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。
以前の職場への批判などは言わないようにしてください。

正看護師になるには?