阪神大震災で辞めてしまった看護師の話とは?

私の知り合いで一回り年上の方ですが、もう20年近く前に起こった阪神大震災で、看護師を辞めてしまった方がいます。
震災が起こった日、彼女は自分の家が半壊状態であったのに、病院に行って看護を続けました。
大きな病院だったので、周りからたくさんの患者さんが押し寄せたようです。
でも、治療しようにも病院自体が検査なども満足に出来ない状態で、機能していなかったようです。
家は半壊だったので避難所で生活しながら、仕事をしていましたが疲れ果てたようです。
子供さんもいて心配だったのに、患者さんを見捨てられない事で、彼女は家と仕事を比較して、仕事を取ったと周りから責められたようです。
とても尊敬出来る看護師さんであったのに、落ち着いてから転職ではなく退職してしまって、もうそれからずっと働いていないのが残念でなりません。
看護師の求人で後悔?リアルな転職事情口コミ中!【成功する秘訣は?】